脱毛エステサロンと医療機関で行われる脱毛の違い

同じ脱毛でも、エステサロンで行われる施術方法と医療機関で行われる施術の違いが分からず、選びにくい人も多いと思います。
基本的な大きな違いとしては、施術に使われる機器の違いがあります。エステサロンでは、基本的に光脱毛やフラッシュ脱毛などといったIPL脱毛が主流です。一方、医療機関で行われる施術方法では、レーザー脱毛やニードル脱毛が主流になります。レーザー脱毛やニードル脱毛による施術方法は、医療行為になるので、医療機関やクリニックでしか受ける事が出来ません。IPL脱毛とレーザー脱毛では、当てる光の出力の違いがあります。
エステサロンで行われる光脱毛などは、レーザー脱毛で使われる光よりも弱い光なので、肌へのダメージや痛みも少ないです。また、肌のケアをするエステは、フェイシャルエステなども受けることが出来るので、より良い肌を保つには効果的です。ですが、エステサロンは医療機関とは異なるので、万が一火傷などのトラブルや問題が起きたときに、適切な対処や治療をしてくれるのは医療機関といえます。レーザー脱毛は、多少の痛みも伴いますが、IPL脱毛に比べ強い光で脱毛を行うので、短期間でしっかりとした永久脱毛をすることができます。このように、脱毛エステと医療機関で行われる脱毛の違いとして、脱毛の施術に使われる機器が異なることから、効果や安全性の違いがあります。最近では、このようなエステサロンのデメリットを解決するため、医療機関と提携して施術を行っているサロンも多くあります。
ミュゼ金沢